2024.4.21 アリス・ウォータース映画自主上映会開催します!

2024年4月21日(日) 『WE ARE WHAT WE EATー未来につなぐ おいしい解決策ー』の上映会を開催します!

映画内容 [上映時間 66分]
『WE ARE WHAT WE EATー未来につなぐ おいしい解決策ー』

1971年、カリフォルニア州バークレーにアメリカで初めて、地域の農家と食べ手を直接つなぐフランス料理店「シェ・パニース」が開店した。

旬を生かした料理と気取らないあたたかさで客をもてなし、予約の取れない人気店となった「シェ・パニース」。
その在りかたはのちに「地産地消」「ファーマーズ・マーケット」「ファーム・トゥ・テーブル」というコンセプトに発展し、世界中で知られるようになる。

そんな「シェ・パニース」のオーナーシェフの名前は、アリス・ウォータース。半世紀をかけて、世界中の料理人と教育者に影響を与え、「オーガニックの母」「おいしい革命家」と呼ばれるようになった。

そんな彼女が日本各地を訪れ、学校給食を味わい、大地の守り手である生産者、料理人と触れ合っていく。そこで語られる力強い言葉と、彼女のまなざしが日本の「美しさ」を浮き彫りにする。

日本、そして彼女の拠点であるカリフォルニア・バークレーでの取材を通じて、「おいしい解決策」の探求へと向かう。
未来につなぐための映画は、きっとあらゆる人の食卓を変えていくーー。

************************************************************

2022年に出版されたアリス・ウォータースの著書『スローフード宣言~食べることは生きること』は私にとってバイブルのような存在になっています。食べ物と向き合う中で、自分なりに大切にしていきたいと感じていることが言葉にされていて、食べることだけではなく、生き方そのものも問われるようでした。

日本での出版1周年を記念し、2023年秋に来日したアリスさんは、島根、徳島、滋賀、京都など、全国各地のスローフードの実践者を訪問しています。
各地で生産者や料理人、子供たちと触れ合う中で、彼女が伝えた言葉を映像に残し、次世代につないでいきたいという想いから、プロジェクトが立ちあがり、クラウドファンディングにより、今回の映画制作が実現し、現在全国各地で上映が始まっています。

1971年に始めたレストラン「シェ・パニース」を通して、またその後のスローフード活動、食と学校教育を結び付けたエディブルスクールヤードの活動など、半世紀に渡り彼女が実践してきたこと、またその経験から行き着いた人生観や紡ぎ出されるメッセージには、私自身、大変影響を受けています。

「食べかたを変えれば、人の価値観、そして社会が変わります。さあ、皆で動きましょう。
気候変動を止め、(地球と私たち自身の)健康を回復するために。」
今回の来日の際のアリスさんのメッセージにも背中を押されて、こうして上映会を企画しています!

どう食べるか、どう生きるか。

ぜひ映画を一緒に観て、皆さんそれぞれの五感で感じて、アリスさんの伝えたい世界観に触れるきっかけになれば嬉しく思います。
大地を耕し美味しいものを作り出してくれる生産者の方、五感を刺激する美味しく美しい料理を作ってくれる方、みんなでテーブルを囲んで語らう機会にしたいと企画しました。

お互いに顔の見える距離間で、温かな時間をぜひご一緒しましょう!

映画の後は、inacujiraさんが用意してくれる地元農家さんの季節を感じる野菜を取り入れたお食事をどうぞお楽しみください。

■会場:inacujira
(藤沢市藤沢532)

■日時:2024年4月21日(日)

■上映時間(受付時間)&参加費(映画鑑賞代とお食事)
①昼の部  3,500円
11:30〜12:36(11:00〜受付)
上映後ランチタイム *ランチボックスでのご用意となります。テイクアウト可。

②夜の部  4,500円
17:30〜18:36(17:00〜受付)
上映後ディナータイム

※昼の部、夜の部ともドリンク別途。ご希望の方は当日オーダーいただけます。

【キャンセルポリシー】
食事の手配がありますので、開催5日前以降のキャンセルはお受けいたしかねます。
ご了承くださいませ。

当日は11:00-16:00で屋外スペース、デッキを利用してミニマルシェを予定しています。
マルシェは、映画鑑賞でご来場の方以外もお立ち寄りいただけます。

■チケット購入はPeatixにてお願いします
http://ptix.at/51yJNo

■主催:KAMOSU
お問い合わせ先
Email /info@kamosu-life.com
Instagram /@kamosulife